(プロフィールはこちら)

年が明け、とうとう、受験の年になりました。

小2から始まった紆余曲折の中学受験の道のりも、あと1か月で終わります。

1月受験を控え、娘も少しずつ受験生の自覚が芽生えてきました。

中学受験を始めた頃思い描いていた小6の1月とはかけ離れた現実で、

娘は自立せず2人3脚というより、いまだに私に依存中ではありますが、

娘なりに受験に向け毎日頑張っています。

日能研

日能研では冬期講習あたりから、生徒も先生もメンタルが限界に達しています。

人手不足もあり、先生はイライラしながら愚痴り合い、

最下位クラスの生徒は突然泣き出したり喧嘩を始めたりと情緒不安定。

娘はそんな「毎日の事件」を、私に楽しそうに話してくれます…

塾から出される宿題の量もかなり増えて、先生の焦りが感じられます…。

ユリウス

ユリウスでは、秋以降ずっと過去問対策をしています。

冬期講習も20コマ弱入れて、すべて1対1で過去問指導をお願いしました。

志望校の過去問は5年分を2週して、

2週目でやっと合格者平均を出せるようになってきました。

覚悟

冬期講習は朝から夜までずっと日能研とユリウスで、お休みは1月1日だけ。

そんな日々ですが娘は文句を言いません。

文句を言っても仕方がないというあきらめと、やるしかないという覚悟。

それが芽生えただけでも、成長です。

並走

娘は、結局ずっと、自走しませんでした。

私が前を走って、後ろから仕方なくついてくるスタイル。

それでも親子関係は悪化せず、たまに修羅場になることもありますが、

楽しく毎日勉強しています。

「先生がね、一緒に勉強してもらえる子は恵まれてるんだよって言ってた」

と言いながら、昔と比べると素直にキレずに問題を解く姿を見ると、

娘も私も少しずつ成長してきたことを実感します。

そして、そんな姿を見ると、中学受験を成功体験として終わらせてあげたいと思います。

 

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ