プロフィールはこちら

娘の個別指導の算数の進め方は独特です。

ひたすら計算ばかりなのです。

しかも、数字がかなり大きくて、式がかなり長くて、

大括弧・中括弧・小括弧を使います。

小数も分数も混ざっています。

虫食い算もかなり難解なのですが、ひたすら計算ばかりやっているので、

あんなに苦手だった虫食い算もできるようになってきました。

□を使った式

文章題もたまに出てくるのですが、□を使った式を組み立てて答えを出すやり方です。

つるかめ算や方陣算などは、全く出てきません。

娘にはあっていて、限定的な範囲をひたすら繰り返す方があっていて、

難しい問題も少しずつ解けるようになってきました。

公文でも計算

今、公文は必ず毎日5枚やらせていますが、

公文は5分かからず終わるようになりました。

難しい式を個別指導で解いているので、

公文が簡単に思えるようです…

「公文しあわせ~」と言いながらスラスラ解いています。

少人数算数

昨日は学校の少人数算数の組み分けテストがあり、

娘はまた真ん中のクラスでした。

でも、娘は今回は一番上に行けたのにと言って悔しがっています。

三角形の名前を忘れてしまって書けなくて落とされたと言っていました。

テストで何ができなかったか言えるようになっただけ、

少し勉強に余裕が出てきたのかな。

 

 

タイマーの音が巨大ですが、子供たちは使いやすいそうです。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ