(プロフィールはこちら)

あと2週間で、サピはまたテストです。

1カ月、算数を頑張ってきたので、今回は算数だけは頑張ってもらいたい。

他の教科は0点でもいいから、せめて算数だけは…

ひとつの教科に集中できるように、

社会も理科も、国語の漢字も、何も詰め込んでいません。

(いつも詰め込んでいないけれど)

結果は2か月後から

算数を娘に教えている息子に、

「結果が出るのは2か月たってからだから。」と言われました。

やってすぐに結果が出ないとはわかっていても、

希望が見えないと、親のやる気が先に萎えてきます。

毎日の基礎トレの正解率も上がってきたし、

今までで一番、算数のテキストはやっているから、

そろそろじゃないの?と先走って期待している愚かな私です…

期待や希望

子供が優秀で、希望に満ち溢れていれば、親も明るい未来が想像できて、

頑張る子供を応援したいと思うし、誇らしく感じます、

絶望的に努力をしない低空飛行の子供の親は、

親のせいだと自分を責めたり、

努力が足りないんじゃないかと子供に努力を強要したり、

中学受験の目的を見失ったり、となりがちです。

そしてとにかく、肩身が狭いです。

子供も気が付く

子供はみんな、いい点数を取って親を喜ばせたいと思っています。

子供が、自分は期待されていると思うことも大切なので、

私は子供より先に絶望しないように、

何度打ちのめされても、毎回期待しています。

そしてその気持ちを娘に伝えるようにしています。

やればできるこという手ごたえを、できるだけ早く、娘が感じて欲しいです。

 

 

塾の前のおやつです。

子供がひとりでチンして食べれます。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ