(プロフィールはこちら)

もうすぐ5月のGW、そしてGWが過ぎると夏休み。

長期の休暇はじっくり勉強できるチャンスです。

我が家は共働きなので、日中子供を見てあげられません。

学習のリズムが作りにくいので、夏休みだけの通塾も考えています。

夏期講習は14日

サピの小4夏期講習は14日間です。

授業料は84700円。

それ以外に公文もありますが、

個別指導の塾や学研教室など、夏休みだけ、プラスで何かやらせたい。

家庭学習が増えるのは嫌がる娘。

宿題が出なくて、復習メインで対応してくれるところは、

個別指導だ思うのですが、問題は授業料。

本人が望んでいるならまだしも、やる気のない子にかける額としては、高額すぎです。

理社も追いつきたい

長期のお休みの間に、理社も基礎固めをしたいです。

できれば自然に触れて、実体験から学んで欲しい。

野外教室やキャンプなどに行ってくれるといいのですが、

娘はそういうイベントは嫌いです。

ママと一緒ならいいよ、と言うのですが、

私は仕事があって一緒には行けません。

公文の習慣化

春期講習では、サピの日は公文をやらないことにしましたが、

娘自身、「休むと大変に感じる」ことを実感していました。

私も、サピの日を公文休みにしたのは失敗だったと反省しています。

公文をやらない日が増えたら、計算の速さも正確性が明らかに落ちました。

今D教材で、1次方程式が出てくるのはGから。

D→E→F→G…と小学校のうちに中学の範囲まで進めるためには、

公文は毎日の歯磨きのように習慣化させたい。

 

娘が嫌にならずに、やることを増やしつつ、楽しく長期休みを過ごせる方法を模索中です。

 

 

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ