(プロフィールはこちら)

新学年になって、学校でも早速組み分けテストがありました。

娘は1問間違えて、真ん中クラスになりました。

今までビリクラスだったので、とてもうれしそうです。

満面の笑みで教えてくれました。

気にしている

「クラスは分かれてるけど、やること一緒だから、どれがビリとかないんだよ」

と小3のビリクラスの間ずっと言っていた娘。

それでも自分がクラスが上がると、前いたところはビリクラスと認めました。

「私ね!ビリクラスじゃなくなったの!!真ん中なの!!」と嬉しそう。

気にしているのに気にしていないふりをしていただけなのか…

とりあえず、ビリクラスから抜け出せて一安心です。

学校くらいは

学校の授業を理解できると、勉強の楽しさも分かってくるかなと思います。

なのに、昨日早速学校の宿題の計算ドリルに躓く娘。

「1兆が21個と、1万が600個集めた数を数字で書きなさい」に発狂。

何とか反復して、兆は4つのゼロの塊3個、億は4つのゼロの塊2個、万は1個!

と叩き込みました。

せめて学校では真ん中くらいで頑張って欲しい。

公文のおかげ

娘がクラスアップできたのは、公文のおかげです。

娘はD教材になってから、かなり苦戦しているようですが、

なんとか毎日5枚ずつのノルマをこなし、週1で公文へ通っています。

公文の先生から今週連絡があって、

「最近用事があると言って早めの退出時間を伝えてくれます。

そのような場合はお母さまから連絡をいただけますか?」

と言われました。

娘、早く帰りたいから勝手にそんなことをしているとは…

「用事はないので、教材が終わるまで帰らせなくて問題ありません。本当に用事がある際は必ず私から連絡します。」

と返信しました。

まったくもう…

 

 

 

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ