(プロフィールはこちら)

あっという間に、息子は中3です。

地元の公立中学に進学したお友達は、受験を控えてザワザワしています。

中学に入学した時には、高校受験なんてまだ先だと思っていたママたち、

あっという間に高校受験で、

「いいよね、まめこ家受験がなくて。」と言われることも増えました。

上の子の高校受験と、下の子の中学受験が重なっているママなんて、

本当に大変そうで、会えば愚痴ばかりです。

3年間は短い

中学3年間、高校3年間と区切ってしまうよりは、

中高6年間で過ごした方が、受験勉強に追われる時間は少なくなります。

その分大学受験に向けての先取りもできるし、

自分の好きなことをやる時間も増える。

息子の学校での中学3年生としてのイベントは盛りだくさんです。

のんびりもできて、新しいことに刺激を受けることもできるほどよい環境が、

息子にはぴったりはまっています。

勉強

私立中に通うママと話すと、中3から高1の範囲の学習になる学校が多いです。

中1中2で中学3年間の範囲を終わらせて、中3からは高校の範囲を学習して、

大学受験に備えていく。

塾に通わず学校だけで大学受験できます!とアピールしている学校も結構あります。

いわゆる「お得校」と言われる中堅上位の学校では、中3から選抜クラスを作ることも多いです。

我が家方針

夫と私の共通の方針は、

「中高一貫にいるんだから、思い切りのんびりさせよう、

力をためる時期があれば、目的を持った時の伸びる力になるはず。」

だから毎日帰宅後はソファーでスマホ三昧ですが、

勉強している姿は提出物の提出前日だけですが、

食事を出して、お金を出して、重くない程度の愛情表現をして、

あとは口を出さないようにしています。

中3になって、「大人」の心にさらに近づきつつある息子。

そんな些細な内面の変化に気が付けるのも、

高校受験に追われずのんびり過ごせるからもしれません。

 

 

 

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ