プロフィールはこちら)

息子はよく、解けない問題に遭遇すると、

何度も悩んで、それでも解けなくて、癇癪を起こして泣いていました。

でも、次に同じ問題が出た時は、できるようになっていたし、

同じ問題で躓くということもなく、着実に階段を上っている実感がありました。

娘は、わからない問題を見ると、「はぁ?なんだこれ。意味わかんない。」

と問題が悪いような言い方をして、どこかに行ってしまいます。

できなくても全く気にしないので、いつまでもできるようになりません。

泣くときは

娘が泣くのは、あまりに私がしつこくて、いい加減解放してと怒っているとき。

勉強時間が長いというクレームの涙です。

問題が解けなくても気にならないし、点数が悪くても気にならない。

ずっとAクラスでも、お友達とテストの点数がかけ離れていても、

自分が大好きで自分に自信があるので、自己評価が下がることもない。

勉強ができないことなんて、娘にとっては大したことではないようです。

落とし穴

娘は生まれた時から手のかからない子でした。

ほったらかしておいても自分で何でもやるし、

常に全身からエネルギーがあふれています。

息子とは真逆のタイプで、育てるのが本当に楽でした。

でも、ここまで勉強ができないことは、予想外でした…

向き合い方

娘は勉強に向き合ったことがありません。

私と勉強していても、いつもスライムをいじりながらとか、パズルをしながら。

書いてごらん、と紙を渡しても、「ママが書けば」と拒否。

「口で言ってあげるからさ」と言って式も漢字も書いてくれません。

問題が解けると、「楽しい、嬉しい」という気持ちにはなるようですが、

問題のレベルが上がると、「それはいいや」と言って逃げていき、

挑戦しようという気はまったくないようです。

ひとつひとつ習得するまでに、やたらと時間がかかります。

差は開いていくばかりで、縮まる気がしません…

 

 

↓3本目に突入。久々のヒットです。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ