(プロフィールはこちら)

今月は、毎週週2でサピがあり、3月末には春期講習があります。

小3のカリキュラムとは密度が違うので、

娘にとっては「またサピなの!?」状態。

通うことが嫌になってしまわないか心配です。

毎回、「3時間か~長いな~…」とブツブツ言いながら出かけていきます。

かわいそう説

小4から塾通いなんてかわいそう的なことを言われるのは慣れていますが、

困るのは、娘がそういわれて、

「私かわいそうなの?もっと楽していいの?みんなもっと遊びだけなの??」

と思ってしまうことです。

自分だけがやらされていると思うと、不満もたまるし勉強もはかどりません。

かわいそうは、親に言ってもいいけれど、子供に直接言わないで欲しい。

子供に言うなら、「えらいね」って言って欲しいです。

小学校がダメだから

公立小学校が、各個人のレベルに合わせた勉強を教えられたら、

受験勉強をさせないかもしれません。

でも、いろんなレベルの子がいる中で、

全員同じタイミングで進級していかなくてはいけないから、

授業は真ん中より少し下に合わせるしかない。

できる子供たちは学校では放置されて、

できない子供たちには手厚いけれど、

娘のようにちょっとできない子供にはそんなに手厚くはありません。

結局公文や塾で足りない部分を補って、

中学はレベルに合った学校に行かないと、

適切な学習環境が得られないという現実…

どこまでやらせるか

朝は小学校に行って、かえってきてから塾に通う、

帰宅は21時とか22時という生活は、異常だと思います。

でも、10歳から12歳の子供に必要な思考力を養うためには、

公立小学校の勉強だけでは不十分です。

だから、小4サピの軌道にうまく乗っかっていって欲しい。

その為に私がすべきなのは、宿題を全部やらせることではなくて、

娘が今理解できる最小限の知識を詰め込んで、

勉強時間は少なめをキープして思い切り遊ばせることなのだと思うのですが、

何度言っても覚えられない、理解できない娘にとって、

勉強時間少な目ではどうしようもないのかも…とも思ったり…

悩んでいます。

 

 

 

 

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ