(プロフィールはこちら)

娘は、今のところ、いろんなことを私に話してくれます。

最近は語彙もやっと増えてきて、

何を言っているのかわかるようになってきました。

何でも話せるこの関係が、いつまでも続けばいいな、と思います。

パパへの忖度

土曜日、娘はパパと公園に行きました。

でも、まったく満足できずに、日曜日は私と同じ公園に行きました。

日曜日、公園に行く途中で、娘の口から出る、不満の数々…

娘「パパさぁ、公園言っても、ずっとベンチに座ってゲームしてるんだよ。だから昨日は全然楽しくなかったよ。」

母「ゲームしないで遊んでって言えばよかったじゃん。」

娘「だって、ゲームしながらキレてるし、言えないでしょ」

母「男は基本的に自分の好きなこと優先の生き物だよ。

そういうの嫌だったら、面倒見のいい人と結婚したら?

と伝えて話は終わったのですが、

意外と娘はパパに気を使っているんだな、ということがわかりました。

兄には言うのに

兄には、ゲームに熱中していても、「iPadかしてよ!」と奪い取るのに、

親には言えないのが不思議です。

我が家は5歳差なのに加え、兄は全く妹の面倒を見ないので、

ひとりっ子が2人のような状態ですが、

それでも兄弟って、唯一の忖度不要の関係なのかもしれません。

不満と向き合う

不満を感じたときに、それを口にすることは大事です。

どうしてそうなったのか、

自分の思い通りにするには、どう言えばよかったのか、

考え始めるのが小3くらいだと思います。

息子も、小3~小5くらいまではそんな時期で、

とことん2人で話した記憶があります。

中2の今は、自己解決できるようになって相談なんてしてくれません…

今しかないこの時期に、娘と、いろいろ話がしたいな、と思っています。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ