(プロフィールはこちら)

秋は試験もあるし、学校行事も盛りだくさんで、

スタミナのない息子は、へばらないように、

ペース配分に気を付けているようです。

「最初に走りすぎると、途中で走れなくなるんだよね。

だから適当が大事だよ。」と話してくれました。

個人差

息子は昔から、エネルギーの小さい子でした。

無理をするとすぐに体調を崩すし、メンタルも不安定になります。

通塾も、受験も、無理をさせず、体調最優先でした。

中2の今は、自分でコントロールしていますが、

「やる気がある状態を保つこと」を大事にしているようです。

テストも頑張らない

息子はテスト前もそんなに勉強しないし、テストでも全力を出しません。

「全力を出すと、次の教科に影響が出るし、翌日に力が出せない。」

と言います。

いつも5割から7割の力で生きています。

昔は、もっと頑張ればもっとできるはず、もっと頑張らせようと、

あの手この手で必死になりましたが、こじれるばかりでした。

今は、これが息子なんだと受け入れています。

適正時間

息子は、家ではほとんど勉強しません。

提出期日が明日に迫った宿題のみを家でやっています。

いつもスマホで遊んでいる息子の姿に、不安しかありませんが、

長時間残業が常な人と、定時で帰る人の成果が、

労働時間と比例しないのと同じで、

家に帰って勉強したくない、遊びたいという一心で、

その場(授業)ですべてを吸収する子もいれば、

家に帰って復習すればいいやと聞き流している子もいる。

きっと息子は前者なんだ、大丈夫、と自分に言い聞かせています。

 

でも…テストの結果次第では、対策を取るつもりです…

 

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ