(プロフィールはこちら)

小学5年生の時に、帰国子女枠でうちの小学校に転校してきたお嬢様がいました。

おじいさまが有名企業の会長で、息子たちが系列会社の社長や役員という家柄。

親子ともに、日本の私立小学校の独特の雰囲気になじめなくて、苦労していました。

一緒に通塾

私がその子に話しかけたことがきっかけで、(私には記憶がない…)

そのお嬢様に好かれてしまった私は、行動を共にすることを強いられます。

親は、「あの企業のお嬢様」というだけでもう言いなり。

小5から英語の個別指導塾に誘われ、断ることもできずに一緒に通いました。

お嬢様先生

その英語の個別指導塾は、おそらく紹介だけで成り立っている塾。

大学付属に通っている小学生~高校生ばかりでした。

そしてみんな女子でした。

先生は、見た目も中身も「お嬢様」で、超マジメでした。

自宅の広いお庭の一角に、教える専用の家を建てていて、そこで教えていました。

テキストは学校の教科書

小学校の時から、付属中学で使う教科書を使って先取りをします。

なので、中学に入ってからの学校の英語の成績はものすごくいいです。

親はそれで満足しますが、

この先生の授業、究極につまらなかったです。

私はこれで、英語嫌いになりました…

目先の成績じゃない

親としては、成績が安定していれば安心です。

子供の英語に対するモチベーションなんて考えてくれません。

通塾させておけば、学校でトップレベルの成績を維持できるから通わせる。

でも子供からすると、いい成績をとるための教科書限定のつまらない授業より、

英語に興味を持てるような授業をしてくれる塾に行きたかった…

私は親が怖くてその時は「つまらない」と言えませんでした。

そして、楽しい授業をしてくれる塾がある、先生がいる、ということを知りませんでした。

 

でも今は、選択肢も多いし、情報収集も容易です。

子供のための塾が選べる時代になりました。

選択は間違えたくないです。

 

↓加湿器で花粉症と風邪予防を

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥11,608 (2020/01/25 00:09:18時点 Amazon調べ-詳細)

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ