(プロフィールはこちら)

娘の通う小学校は、都心にある割に中学受験率が低いです。

顔見知りのパパやママは、中学受験経験者が少なく、

子供の中学受験を視野に入れている人はあまりいません。

「何で?公立でいいじゃん?大変そうだし、お金かかるし。」

と多くの人が、口をそろえて言います。

地元で評判が悪く、ガラの悪い中学へ進学することに抵抗がありません。

一方、付属幼・小・中からの付き合いの友人たちの中に、

子供の中学受験を考えない友達は1人もいません。

コスパで考える

子供の教育費を安く済ませようとする人は結構います。

お金の使い方は、家庭それぞれでいいと思うのですが、

私立中高一貫校で受ける教育は、お金には代えられない価値がある。

だから、とにかく教育費に!と思っている私のような人は、少数派です。

思春期の環境は大切

子供の将来も、子供の個性も性格も、12歳から18歳までに通った学校や、

受けた教育、関わった人たちによって大きな影響を受けるので、

ある程度厳選された人の中にいることは、マイナスにはならないと思います。

反抗期は親の言うことを聞いてくれないので、

日頃かかわりあうお友達や先生の質は大切です。

通っていた私が思う、私立中高一貫校のメリット

半年前まで、娘は公立でいいと思っていた

とはいえ私も、息子が中学に入学するまでは、娘は公立でもいいと思っていました。

勉強が好きでも得意でもない子に受験勉強はかわいそう。

のびのびと公立で3年間遊ばせようかな、と。

でも今は、娘を公立に進学させることは考えていません。

やっぱり娘が個性を生かして、好きなことを見つけるためには、

公立よりも私立なんだと思います。

成長の機会にも、興味をもつチャンスにもより恵まれる環境を与えてあげたいです。

そして、一生の友達を見つけて欲しいな、と願っています。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ