(プロフィールはこちら)

娘が読んでくれそうな本はないか、探しに本屋に行きました。

娘が選んだ本は、「ノラネコぐんだんと海の果ての怪物」

シリーズもので、多くの小学校で、図書室においてある本です。

読む気になれる本

ページを開くと初めに、「みなさんへ」という前書きがあります。

「字がいっぱいで1人で読むのは大変かもしれない。

だから、最後まで自分の力で読めるるように、

文章は短く優しい言葉で書きました。

わからない言葉があっても、どんどん先へ進んでください。

毎日大きくなっていく間に、わかる日が来るから大丈夫…」

そんな、読書が苦手な子が勇気づけられる言葉が書いてあります。

章が細かく区切られていて、読みやすい

子供が飽きないように、14章まで小さく区切ってあります。

1人で読むのもいいし、読み聞かせにもいいと思います。

読み終わった後に、学びも得られる本です。

娘はまだ、1の章しか読んでいませんが、

珍しく静かに読んでいました。

まずは精読から始めます

娘は読むことに慣れていないので、

本の内容を1度で理解することができません。

14章まであるこの本を、何度も何度も読ませてみようと思います。

飽きないで続けられるか、心配です…

いつか娘が本好きになってくれる日を夢見て…がんばります。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ