入試当日、体調不良や緊張で力を発揮できないことがあります。

12歳の成長途中の子供のメンタルは、予測がつきません。

まさかの不合格は起こる

優秀で、常にトップクラス、模試ではA判定や、80%の合格可能性しか見たことのない子供が、第一志望に落ちることが、受験ではしばしば起こります。

その理由は様々ですが、よくあるパターンは、3つです。

①緊張で頭が真っ白になってしまった。

②1月のお試し受験がうまくいかず、自信がなくなってしまった。

③体調不良

私も、大学生の時に弟や弟の友達の中学受験を見ています。

SAPIXでトップクラスの子供たちが、偏差値50くらいの、本当に抑えの学校にしか受からなかったり、全て落ちてしまったりという状況がありました。

結果を受け止められずに、お母さんが、鬱になってしまったご家庭もありました。

12歳の子供は、不安定で、本番でどうなるのかは、本人も、両親も、予想ができません。

まさかの不合格が起ったら

予想外の結果となった場合、親はどうしたらいいのか。

どうなったとしても子供が安心して帰ってくる場所を作ること。

ポジティブに、経験をプラスに変えていけるような声かけをすること。

とにかく子供を愛していることを全力で伝えること。

それくらいしかできることはないと思います。

まさかの不合格となった時、親も平常心ではいられませんが、

子供に一生残る傷を残さないように、温かく接してあげてください。

まさかの不合格にならないためには

まさかの不合格にならない為には、試験で実力を発揮することです。

どうすれば実力を発揮できるのか。

経験者に聞いてみました。

弟→

→中学受験未経験で、想像がつかなかったから緊張もしなかった。

→SAPIXで問題を解きまくっていたから、知らない問題が出なかった。

息子→

→楽しんで問題を解いていたらあっという間だった。おもしろかった。

どちらも男子なので、精神的に未熟で、先のことを考えない分、緊張せずに試験に臨めたようです。

実力を出すには、平常心と、適度な緊張が必要です。

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ