登場人物紹介

まめこ→幼稚園~大学まで一貫校育ち。40代会社員。メンタル弱め。

夫→公立高から大学受験。40代会社員。超激務。理系で鈍感なのんびり屋。

息子→中高一貫校に通う中学1年生。理系でインドア派。

娘→サピックスに通う小学2年生。マウンティング好きでプライドが高い。運動が得意なパワフル女子。

まめこ母→ヒステリックな都会育ちの教育ママ。なんでも完璧にこなすが、他人にも家族にも完璧を強要するので度々こじれる。

まめこ弟→まめこ母に強制的に勉強させられ、今も母を恨んでいる。サピックスで中学受験して大学付属合格、大学院まで通って就職、数年後退職して現在海外で子育て中。

まめこ父→肩書きに弱い頑固な田舎者。今も現役で働く真面目な働き者。

 

私の両親は、公立高校から、浪人してGMARCHクラスの大学に進学しました。

子供たちは苦労しないで大学へ進んでほしいという思いから、子供は大学付属!と決めていて、

私は幼稚園から大学付属に通い、弟は、中学受験で大学付属に合格しました。

 

中学受験は厳しい世界だということは弟を見ていてわかっていたので、

自分の子供に中学受験させようとは考えていませんでしたが、

小2で通塾を希望した息子は、勉強大好き人間。

中学受験して自分のやりたいことを気が済むまでやれる学校に入るんだ!という、強い意志を持っていました。

 

我が家は共働きで余裕がなく、中学受験のサポートなんて、出来るのか、不安でした。

でも、息子のやりたいことなら叶えてあげたいという一心で、

本を読んだり、ブログを参考にしたりして息子の受験をサポートしました。

息子の志望校は、鉄緑会指定校のいわゆる難関校。

通常通っていた地元の小さい塾では志望校対策ができないと言われて、

小6の後半は、通常の塾以外に、個別指導と、早稲田アカデミーのNNに通い、

2019年2月に、第一志望に合格しました。

息子は今、今までで一番楽しそうに、のんびりと、自分のペースで楽しく自由に学んでいます。

その姿を見るたびに、中学受験させて良かったな、と涙腺が緩みます。

 

娘は、2024年に中学受験予定です。

勉強嫌いで勉強に興味がない娘ですが、13歳から18歳の大切な時間は、充実した経験をさせたいし、より良い環境で、一生の仲間を見つけて欲しい、と願っています。

 

サピックスで始めたいと思っていた娘の中学受験でしたが、

娘の学力は恐ろしく低く、2019年6月と7月と9月と10月、入室テストに落ち続け、11月でやっと合格しました。

新3年生の授業が始まる2020年2月から、サピックスへ通っています。

(娘のテスト結果①)

(娘のテスト結果②)

(娘のテスト結果③)

(娘のテスト結果④)

(娘のテスト結果⑤)

娘が少しでも勉強に興味を持てるように、毎日試行錯誤しながら頑張っています!

 

↓中学受験の必需品。すごく悩んで買いましたが、便利すぎます!

created by Rinker
ブラザー工業
¥57,800 (2020/09/27 08:10:36時点 Amazon調べ-詳細)

中学受験のブログがたくさん。
参考になります!

にほんブログ村 受験ブログへ